京都という町

日本人にとっていつまでも憧れの街としてあり続けるのが京都です。
日本の観光地の中でも常にトップと走り、外国人観光客が最も多い場所でもあります。
日本の和の文化を最も感じられるような場所であり、昔ながらの町並みが残されています。
京都の町並みは、景観保護の目的で厳しい条例の元で管理されています。
高いビルの建設が禁じられ、使用してはいけない色目や看板など周りの寺社の景観を崩さないように作られています。

京都は歴史深い街でかつては日本の首都として政治、様々な文化を生み出してきました。
794年に平安京遷都した事から1867年の大政奉還によって江戸に統治権が渡るまでの間、日本首都として1000年以上の歴史がある街です。
その間日本の文化に様々な影響をもたらしています。
代表的なものでは北山文化、東山文化、桃山文化などの文化を生み出し現代に大きな影響を残しています。
今でも京都では伝統行事が続けられ、多くの環境客が京都に集まります。
5月には葵祭、7月には祇園祭、8月には大文字五山送り火、10月には時代祭があり京都の四大行事と言われています。

そして京都の魅力と言えば、世界遺産の多さです。
日本の歴史的建造物が多く、誰もがよく知っている代表的な清水寺をはじめ、10円玉に描かれている平等院、鴬張りの床で有名な二条城、石庭で有名は龍安寺など17カ所もの世界遺産がある街です。
その他にも京都ならではの食文化など歴史深いものが多く、観光客だけでなく府民にとっても誇りの街となっています。



※特集
京都の東山にある結婚式場のサイトです → 東山 結婚式場

Copyright © 2014 京都の長い歴を紹介 All Rights Reserved.